2022.08.10

フルサイズEOS、購入計画発動?

 ちょっとした臨時収入(過去に出した特許のライセンス料)があったので、これを機にカメラ新調計画を練ることにしました。と言ってもまだまだ必要資金には全然足りませんが。ちょっとずつ貯めていかないと、なかなか現実性を帯びてきませんからね。
 狙いは今の製品モデルで言えば「EOS R6」クラス。レンズのマウントが変わるので、キットレンズで便利ズーム1本を揃え、あとは100-400mmクラスの望遠レンズを1本足せば、ひとまず用途を賄えそう。しばらくはRF-EFマウントアダプターを使い、今使っているレンズを活かしつつ移行していけばいいかなあ。

2022.07.10

東京都写真美術館「岩合光昭写真展 PANTANAL」

 東京・恵比寿にある「東京都写真美術館」で「岩合光昭写真展 PANTANAL」を見てきました。パンタナールとは南米大陸のほぼ中央にある湿地帯で、ジャガーやワニ、カピバラなど、多くの野生動物が見られる場所だそうです。写真展では100枚ほどが展示されていました。
 これらを見ると写真はテクニックではなく、「いかにチャンスをものにできるか」という苦労の下にいい作品ができるんだということがわかります。


久しぶりに写真展に行ってきました。
(画像に触れると表示が変化します)

2022.06.26

流れを「溶かす」も...中途半端なことに

 滝を見にいくことにしたので、久々に「減光フィルター」を持ち出しました。レンズに入る光を少なくしてより遅いシャッタースピードを実現することで、水の流れが「溶けた」ように写せるというテクニックです。
 ただ、シャッターを開いている時間が長くなるので、基本的には三脚などを使ってブレないようにする必要があります。ところが私、この日はカメラを三脚に固定するマウントを忘れてきてしまったのでそれができない。仕方がないので、手持ちでなんとかやってみました。


手持ちで頑張りましたが、縮小版ならまあまあ見れるかな。

 まあ、縮小して見せる分にはなんとか、というレベルですね。次はしっかり三脚を使えるよう気をつけることにします。

2022.06.18

表現の幅を広げることを意識する

 行田市の「古代蓮の里」で花を撮影してきました。最近は自分が行うセッティングの幅がかなり狭くなってきていて、写真のバリエーションが少なくなってきたような気がするので、意識的に絞りやISO感度、露出、ホワイトバランスを変えて色々試してきました。


絞りを開いてピント位置を変えると、表現したいものが変えられます。
(画像に触れると表示が変化します)

 撮影の幅を広がるためにも、もう一度勉強しなおそう。