2022.06.15

43年ぶりに甦った「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」

 有休を取得しましたが天気が良くなかったので、映画を見てきました。作品は「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」。この原典は最初のテレビシリーズ「機動戦士ガンダム」の第15話。1話完結エピソードで、全体的なストーリーの流れに影響しないことから、後年製作された劇場版では完全にカットされました。これを近年のリメイク作「THE ORIGIN」の一部として再構成したのが本作となります。まさか43年を経てあの話を新作として見られるとは。
 地球からジオン軍を排除すべく、大反攻作戦を準備する地球連邦軍。その中核となるオデッサ作戦を前に、ラ・パルマスに寄港中の強襲揚陸艦ホワイトベースに、カナリア諸島北部の島にいる残敵掃討の命令が下ります。アムロはモビルスーツ・ガンダムで出撃しますが、島でザク単機の襲撃を受け消息を絶ってしまいます。その島にはジオン軍を脱走した兵士ククルス・ドアンと、身寄りのない多くの子供たちが暮らしていたのでした。そしてその島には、連邦の侵攻を阻止するための秘密が隠されていたのです。


嬉しさ反面、ちょっと残念なところも?

 感想ですが、正直ちょっと物足りなさが残りました。プラモデルのディテールそのままのMSが動き回るのにはさすがに感動。当時のBGMがそのまま使われたりと、確かにこれは当時の「ガンダム」を今の技術で再現したものと言えるでしょう。そういう意味では一見の価値はあると思います。ただ、MSの重厚感があまり感じられませんでした。開発初期のMSなのに、いくらなんでも派手に動かしすぎです...。
 一方、ドアンがなぜジオン軍を脱走したのか、それを部下たちがどう感じたか、彼が何を目指しているのかなどの描写が不足していて、いま一つストーリーに納得感が持てなかった気がします。元が30分だっただけに、尺は充分にあったはずなので、メリハリがついてなかったというのが全体の結論でしょうか。
 原作者である安彦 良和氏によれば、氏によるガンダムの映像化はこれが最後とのこと。できれば「THE ORIGIN」全編映像化も期待していたのですが...それは叶わなさそうです。